圧倒的高評価!?レクサスのコンパクトSUV「UX」のリセールバリューは?

世界的なブームが続くSUVですが、特に近年の主役と言えるのがコンパクトなサイズの都会派SUVです。各社渾身のコンパクトSUVを次々とリリースしている中、レクサスが満を持してデビューさせたのが「UX」。今回はレクサス・UXに焦点を当てて、このクルマの魅力とリセール価格について、じっくりと紹介していきたいと思います。

レクサス・UXとは?

レクサス・UXは、2018年11月27日に販売が開始されたばかりの、まだデビューして間もないコンパクトSUVです。日本を代表する高級車ブランド・レクサスが、新たにリリースするコンパクトSUVとして、デビュー前から大きな注目を集めていました。

当初はクロスカントリー4WDから始まったSUVというジャンルも、時代の流れや人々の趣向によって姿を変え、今最も注目を集めている最新形が「都会派のコンパクトSUV」と言えるでしょう。それほど頻繁にオフロードを走行するわけではないが、毎日の走りをより頼もしく、さらにデザイン面でも満足させてほしい…そんな声が反映されたコンパクトSUVは、今やSUVの中でも最も売れ行きの良いクラスとして注目されています。

レクサス・UXは、全長4,495mm、全幅1,840mm、全高1,540mm、ホイールベース2,640mmという、レクサスのSUVでは最もコンパクトなボディを持ち、直列4気筒2リッターエンジンを搭載搭載したガソリンモデル「UX200」と、直列4気筒2リッターエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドモデル「UX250h」の2グレードがラインナップされています。UX200は2WDのみ、UX250hは2WDと4WDの両方から選べます。

それぞれのグレードには、レクサスの他車種と同様に「標準仕様」・「version C」・「F SPORT」・「version L」の4つの仕様が用意されています。従来通りのきめ細かいグレード設定はユーザーにとって嬉しい反面、あまりに多いオプションの選択肢に悩んでしまうこともしばしば。さらに、新車価格はUX200が3,972,222円~、UX250hが4,328,704円~と、レクサスのエントリーモデルとはいえ、かなりの高額車に属します。新車で購入する際には、焦らずじっくりとオプションの選択をしたいところですね。

レクサス・UXは値落ちしやすいのか

さて、章題の「レクサス・UXは値落ちしやすいのか」という疑問点については、現時点(2020年2月現在)で発売から1年2ヶ月しか経っていないということもあり、現状としては「販売期間が短く、値落ちしやすい車種なのかは現時点では断定できないが、現在の中古車市場を見る限り、値落ちは少ない車種と言ってよいかもしれない」という結論になります。

中古車市場に出回っているUXのグレードにはかなり偏りがあり「UX200・標準仕様」「UX250h・標準仕様(4WDと2WD)」の流通量はゼロ。流通量の多い順に「F SPORT」→「version L」→「version C」となっています。実際の販売価格も「F SPORT」は非常に高値が付けられており、人気の高さが伺えます。

レクサス・UXの中古価格はいま?

実際の中古車価格を見ていきましょう。2020年2月現在は約70台のUXが中古車市場に出回っており、すべてのグレードの平均価格は「約460万円」となっています。参考までに、新車価格は3,972,222円(UX200・標準仕様)〜5,449,074円(UX250h・4WD・version L)の範囲で販売されていますから、全体的にかなりの高値で推移していると言えるでしょう。

グレードごとに詳しく見ていきます。データが取れるグレード・仕様に偏りが出てしまう点については了承いただきたいのですが、「UX200・version C(新車価格421万円)」は398〜435万円、「UX200・F SPORT(新車価格451万円)」は398〜525万円、「250h・version C(新車価格457万円)」は374〜460万円、「250h・F SPORT(新車価格487万円)」458〜598万円となっており、中でも特に高値がついていると言えるのが「F SPORT」仕様と言えるでしょう。

レクサス・UXのリセール価格は?

レクサス・UXに限らず、レクサスでは「F SPORT」仕様に人気が集まっているのはよく知られているところですが、UXに関していえば特に高く評価されていると言えます。それをよく表しているのが、「F SPORT」仕様のリセール率の高さです。2018年式、10,000km走行車のリセール率を調べたところ「UX200・2WD・F SPORT」が93パーセント、「UX250h・2WD・F SPORT」が94パーセントと驚異的な数値を記録!

対照的に、他のグレードでは80パーセント程度となっている場合もあるので、リセール価格を気にするのであれば「F SPORT」仕様一択と言えるでしょう。80パーセントのリセール率、というのも、他メーカー・他車種から比べるとかなりの高さではあるのですが…。

まだこれから先の話であり、確定ではないのですが、新車登録から3年後、30,000km走行時の推定リセール率は推定70〜79パーセント、無事故で新車登録から5年後の推定リセール率でも60パーセントと予想されます。コンパクトSUVブームとはいえ、これほど高いリセール率が予想されているクルマはあまり多くはありません。

レクサス・UXを高値で買い取ってもらうには

レクサス・UXの売却時に高く評価されるオプションは、どのようなものがあるのでしょうか。この項で詳しく見ていきましょう。まずは、ラグジュアリー仕様「version L」にオプション設定となっている「ドライブモードセレクトスイッチ」。ノーマル、エコ、スポーツに加えて、スポーツS、スポーツSプラス、カスタムを設定でき、それぞれキャラクターを生かした走りが楽しめます。ラグジュアリーな雰囲気とスポーティな走りを両立したいという方に人気のオプションです。

アウトドア志向のユーザーには必須の「ルーフレール」(version C」・「F SPORT」・「version L」にオプション設定)や、開放感のある走りを提供する「ムーンルーフ」と呼ばれるサンルーフ(チルト&アウタースライド式)も高評価が期待できるオプションです。
また、夜間の走行に威力を発揮する「アダプティブハイビームシステム(AHS)」(通称『三眼』)は「version C」・「F SPORT」にオプション設定、「version L」には標準で装備されています。もしもの時のために「スペアタイヤ」も装備しておきたいですね。

他には、先進安全装備の一つである「ブラインドスポットモニター(BSM)」(version C」・「F SPORT」・「version L」にオプション設定)や、「ハンズフリーパワーバックドア」(「F SPORT」・「version L」に標準装備、「標準仕様」・「version C」にオプション設定)も人気が高いオプションです。

ボディカラーはホワイト、ブラック系の人気が圧倒的。内装はレッドレザーが希少価値から現在では高評価ですが、今後の推移は不透明といったところ。また、現在のリセール率はガソリンとハイブリッドでさほど変わりなく、短期での所有を考えているのであればお好みで問題はないと思いますが、長期での所有になればなるほどハイブリッドのリセール率の方が高くなると予想されます。というのも、例えば10年後まで見据えて場合、自動車業界の電気化はさらに加速していると考えられるからです。逆に短期でしか所有しない、という場合は、基本価格の安いガソリンモデルを購入した方が、損失は少なくて済むでしょう。

まとめ

ここまで、レクサス・UXのリセール面に焦点を当てて解説してきました。今をときめく人気車種であり、リセールバリューを考慮すると自ずとグレードや仕様、オプション選択は絞られてきますが、一方でそれに全くとらわれない、自分だけの個性を追求したグレード選びも個人的にはおすすめしたいです。

ここまで述べてきたこととは真逆ではありますが、せっかく同じ時を過ごす愛車、リセールバリューを気にしてオプションやボディカラーを選ぶよりも、自分の価値観で全てを選んでいくのも楽しみのひとつと思いませんか?そして、それを実現できるだけの幅広い選択肢が、レクサス・UXには用意されています。新車購入時はもちろん、売却時にも、そして中古車購入時にも「これだ!」というレクサス・UXとの出会いがありますように!そしてこの記事が、そんな素敵な出会いの一助となることを願っています。

[ライター/守屋健]