大人気のSUV、マツダCX-5で選ぶべきはディーゼルか?それともあえてガソリンか

それでは今週もさっそくオススメSUVに関するモロモロの解説を始めてみましょう。今週のお題は2016年12月のフルモデルチェンジで第2世代へと進化した大人気のSUV、マツダCX-5です。

人気のディーゼルか? それともあえてガソリンか?

有名な人気モデルゆえ基本的な説明はさほど必要ないと思われますが、CX-5は広島のマツダが作っている5人乗りのクロスオーバーSUV初代と比べて明らかにロングノーズ&ショートデッキ風になった全体のデザインは、単なるSUVの枠を超えた「上質な乗り物」としてのオーラを放ちまくっています。そしてインテリアのデザインセンスおよびその質感も「クラス最高レベル」と断じてほぼ間違いでしょう。

そんな現行マツダCX-5をこれから買う場合、まず考えなければいけないのが「どのエンジンを選ぶか?」という大問題です。

現時点でCX-5に用意されているエンジンは下記の3種類です。

・2Lガソリン(最高出力156ps/最大トルク20.3kg-ms/2WD)
・2.5Lガソリン(最高出力190ps※/最大トルク25.7kg-m※/2WDまたは4WD)
 ※4WD版は最高出力188ps/最大トルク25.5kg-m)
・2.2Lディーゼル(最高出力190ps/最大トルク45.9kg-m/2WDまたは4WD)

そして各エンジンのなかで、装備内容によってまたいくつかのグレードに分かれるわけですが、そこへ行く前にまずは「どのエンジンにする?」という根本的な問題にケリをつけなければなりません。

イチ推しはディーゼルだが、ガソリンの軽快さも捨てがたい

結論から言いますと、一般的に考えた場合のイチ推しはやはり「ディーゼル」になるでしょう。

極太トルクが魅力的であることに加え、ぶっちゃけエコカー減税や免税の点でも有利であり、さらに言ってしまえばリセール価格も、CX-5の場合はガソリンよりディーゼルのほうが高い傾向があります。もしもCX-5の王道を歩みたいのであれば、「とりあえずディーゼル」と思っておけばまず間違いありません。

ただ、ガソリンエンジンのほうもなかなか魅力的です。

2Lガソリンはちょい非力にも感じるかもしれませんが、その分「軽快感」みたいなものにあふれていますし、2.5Lガソリンはパワフルかつレスポンスの鋭いかなりの好エンジン。ディーゼルターボにはない自然なフィーリングも最高です。

以上を踏まえてお決めいただければと思いますが、まぁCX-5では大半のユーザーがディーゼルターボを選んでいるのが実情ですので、以降は基本的にディーゼル版の話を中心に進めたいと思います。

グレードは中間の「PROACTIVE」以上がオススメ

で、例えばエンジンは2.2Lディーゼルに決めたとしましょう。その次に決めねばならないのが、じゃあ最終的にどのグレードを選ぶか?」という悩ましい問題です。

ディーゼルの場合、現在選べるグレードとその車両価格は以下のとおりです。

【ベースグレード】
XD(2WD):280万8000円
XD(4WD)303万4800円
【中間グレード】
XD PROACTIVE(2WD):300万2400円
XD PROACTIVE(4WD):300万2400円
【最上級グレード】
XD L PACKAGE(2WD):329万9400円
XD L PACKAGE(4WD):352万6200円

2WDにするか4WDにするかは人それぞれですので、ご自分の使い方に応じて決めればそれでOKです。しかし「素のXDで行くか、それともちょっと頑張ってPROACTIVEにするか、はたまた気合を入れてL PACKAGEにするか?」というのは難しい問題です。

まず基本的な先進安全装備に関しては、ベーシックなXDでも十分です。XDも国が定めている「安全運転サポート車(サポカーS)」の「ワイド」に該当しています。つまり自動ブレーキ(対歩行者)と車線逸脱警報、先進ライト、ペダル踏み間違い時加速抑制装置が標準装備されているのです。

しかしXDでは「全車速追従機能付きマツダ・レーダー・クルーズ・コントローつ」と「アダプティブLEDヘッドライト」「レーンキープ・アシストシステム」「360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー」などが設定不可となるのが少々痛いところ。このあたりの安全装備を重視したい人は、多少値が張るとしてもPROACTIVE以上を選んだほうが結果として満足できるでしょう(そしてリセール時にも有利なはずです)。

PROACTIVEでも十分ではあるのだが…

そして中間グレードのPROACTIVEと最上級のL PACKAGEではどちらを選ぶべきなんでしょうか?

先進安全装備に関しては、前述のとおりやや劣っているのはベースグレードのXDだけですので、PROACTIVEでもL PACKAGEでも十分以上です。もっとも気になるポイントは「シートの素材」でしょう。

PROACTIVEのシート素材は、ベースグレードと同じ「スクエアメッシュクロス」です。もちろんこれはこれで悪くない、なかなかの高級感が感じられる素材なのですが、L PACKAGEのシートに使われている「パーフォレーションレザー」を見てしまった後では正直、若干の物足りなさを感じてしまう可能性はあります。

そしてシートの機能面でも、L PACKAGEであれば運転席は10Wayパワーシート&シートメモリー(アクティブ・ドライビング・ディスプレイ連動)となり、助手席も6Wayパワーシート、運転席&助手席シートヒーター、リアシートヒーターが標準となります。

ここで挙げた装備の一部はPROACTIVEでもオプション装備として装着することができますが、その費用は決して安くはありません。「ならば最初からL PACKAGEにしたほうがいいんじゃない?」と思えるぐらいの総額になるでしょう。また、キリがないためここでは挙げなかった「L PACKAGEならではのちょっとした豪華装備」も、欲しい人は欲しいはずです。

「豪華」を好むのか? それとも「カジュアル」が好きなのか?

以上の事実から考えますと、現行マツダCX-5のグレード選びは以下の考え方をベースに進めるのが良いでしょう。

・ガソリンとディーゼルはどちらもステキだが、リセールを考えると基本的にはディーゼルがオススメ。
・ただし軽やかな走りを重視したいならガソリンで。
・ベースグレードのXDも悪くないが、安全装備を考えるとXD PROACTIVEまたはXD L PACKAGEがオススメ。
・「ゴージャスなSUV」としてCX-5を楽しみたいならXD L PACKAGEで。
・「比較的カジュアルなSUV」として乗りたいなら、XD PROACTIVEで。

さしあたり、現行マツダCX-5に関する当ラボの研究結果は以上です。皆さまのステキなSUVライフが近々始まることを、陰ながらお祈り申し上げます。

[ライター/伊達軍曹]