北米で人気、スバルの新しい3列シートSUV「アセント」。たぶん日本でも発売される!

それでは今週もさっそくおすすめSUVに関するさまざまな研究をすすめてまいりましょう。今回のお題はスバルの新しい3列シートSUV「アセント」です。

スバルの3列シートSUV「アセント」は日本に導入されるのか?

スバル アセント(ASCENT)は、2017年4月のニューヨークショーでそのコンセプトモデルが発表された、北米スバルのフラッグシップとなる3列シート/7~8人乗りのフルサイズSUV。スバルが北米市場におけるさらなる成長を目指し、新たに開発した北米市場専用車です。

2017年11月には北米で正式発表され、2018年5月7日にはインディアナ州で生産が始まり、その時点ですでに4500台を超える受注を得ていたとのこと。北米ではおおむねかなり好評なようです。

しかし北米市場のことは、まぁハッキリ言ってしまえばどうでもいいです。しょせんはよその国のことですから。

本当の問題は「で、アセントは日本でも発売されるの? されるとしたらいつなの?」ということです。

アセントは(たぶん)日本市場にやってきます!

スバルからの正式発表は今のところないのですが(というかスバルは「アセントは北米市場専用モデルです」と明言してるわけですが)、ネット上ではまことしやかに「アセント、日本発売は2019年に決定か?」みたいな憶測が出回っています。

本当のところはどうなのか……というのは当SUVラボにも当然わからないわけですが、できる限りの想像というか推測はしてみたいと思います。

で、結論から申し上げると「アセントはたぶん日本でも発売される!(時期はわからないが!)」と、当ラボは考えています(というか推測しいます)。

ボディサイズはCX-8よりランドクルーザーに近い

まあまずは「アセントとはどんなクルマか」ということを考えてみましょう。はじめに、下記の公式画像3点をご覧ください。

ビジュアル的なこんな感じで、北米仕様のボディサイズは以下のとおりです。

●全長x全幅x全高:4998 x 1930 x 1819mm
●ホイールベース:2890mm
●最低地上高:220mm

マツダのCX-8が4900×1840×1730mmですので、それよりも少々大きめですね。どちらかといえばトヨタ ランドクルーザーに近いサイズだといえるでしょう。

1~3列目はどこに座ってもおそらく快適

で、アセントのインテリアはこのような感じとなります。

筆者は当然ながらまだアセントの実車を見ていませんが、スバルによれば、アセントのインテリアは以下のとおりだとのことです。

・ミッドサイズSUVに求められる乗員同士の快適な距離や、十分なサイズのカーゴスペースを確保
・2列目、3列目シートへの乗降性に配慮したリヤドア開度、開口エリアを確保すると共に、乗降用のステップやグリップを設定
・3列目シートにおいても快適な着座姿勢を実現
・カーゴスペースに影響しない、駆動ユニット一体の新型パワーリヤゲートをSUBARUとして初採用
・運転席にクッション長調整機能付きフロントシートをSUBARUとして初採用
・7名乗車仕様の2列目シートに2名掛けのキャプテンシートをSUBARUとして初採用、シートの間隔を十分にとり3列目へのアクセス用スペースも確保
・8名乗車仕様の2列目シートに3名掛けのベンチシートを採用
・シートリクライニング機構の採用等、大人から子供まで快適に座れ、乗ることが愉しくなる3列目シートを開発

まぁこういった公式リリースというのは基本的に「いいこと」しか言わないわけですが、それを差し引いても、アセントの車内は1列目から3列目まですべて「なかなか快適で上質なのではないか?」と思えるものがあります。

ちなみにカットモデルを真横および真上から見ると、シート配置のニュアンスがよくわかります。

3列目の広さや快適さは未知数ですが、少なくとも2列目はかなり快適そうですね。ちなみに3列目シートから前方を見た場合の視界はこんな感じです。

エンジンは2.4Lの水平対向直噴ターボ

駆動方式は当然ながらスバル得意のシンメトリカルAWDで、車台は現行インプレッサとXV、そしてフォレスターにも採用されたSGP(スバルグローバルプラットフォーム)。そして北米仕様に搭載されたエンジンは新開発の、最高出力260hpとなる2.4L 4気筒水平対向直噴ターボ。スバルいわく「小排気量ながらも競合車の3.5L 6気筒エンジンと同等以上のスムーズな加速性能を実現」しているとのことです。タイヤサイズはフロントが245/60R18で、リアが245/50R20。

で、北米仕様のアセントにいち早く試乗したジャーナリストの記事によれば、その走りはかなり良好だったといいます。まぁ筆者は未試乗なので具体的なことは何も言えませんし、そのジャーナリスト氏の試乗原稿をパクるわけにもいきません。しかし「まあそうだろうな」とは強く思う次第です。

と言いますのは、SGP(スバルグローバルプラットフォーム)となったスバルXVを自身で所有し、そして同じくSGPとなった新型フォレスターに試乗し、その見事な乗り味にぶっ飛んだ経験から類推すれば、「最新世代のスバル製フラッグシップSUV=かなりイイ」というのは誰にでも想像がつくからです。

XVをきっかけにスバルのイメージは激変した?

で、本題の「アセントは日本でも発売されるのか?」という問題ですが、これはおそらく「発売!」ということになるのではないかと推測します。

なぜならば、日本におけるスバルは、先代および現行XVの登場をきっかけに「新しい層のユーザーを取り込めるブランド」になったからです。

日本におけるスバルのイメージは、ひと昔前までは「安い」「マニアック」「一部の変わり者だけが買ってる」みたいなものも無きにしもあらずでした。そのせいで、せっかくかなり素晴らしい高級車だったアルシオーネSVXも、「スバルディーラーでこんな高い車買う奴なんていないよ!」的な感じで無視されてしまった観があります。

しかしXV以降、それまでとはまったく違うユーザー層、すなわち「スバル=マニアック」的な既成概念は持っていない、まっさらなマインドを持つユーザー層が、「あら! このXVって車、カワイイじゃない!」みたいな感じで流入してきています。

そうであるならば、今後はさらに「高額なスバル車なんて日本では売れない」という空気はなくなっていき、既成概念ゼロのまっさらなマインドで「おっ、このアセントって3列シートのSUV、ちょっといいんじゃないか?」と考える人種は増えるはずなのです。

いずれにせよぜひとも導入してほしい!

いや……実際は、そういった人の数が増えるかどうかはわかりません。

ですが、スバルの首脳陣がXV等の成功体験をベースに「じゃ、もしかしたらウチが日本で高級SUVを売っても、それなりに成功するんじゃないか?」という“欲”を出す可能性は大いにあるはずです。

それゆえ当ラボは、「アセントの日本発売は(たぶん)ある!」と推測しているのです。

まぁ実際のところはどうなるかわかりませんが、アセントが素晴らしい乗り味の3列シートSUVであることだけはほぼ確実です。そんなSUVが日本にも入ってくることを、大いに期待したいと思っています。

それではまた来週!

[ライター/伊達軍曹]