SUVラボ買取

通話
無料

0120-677-778受付時間 9:00~18:00 (365日対応)

最短22秒無料査定!今スグお気軽に!査定依頼をする

ジープ コマンダーを専門で高価買取

SUV専門店だからできる高額査定!
pr_point

専門店だから各モデルの特徴セールスポイント熟知しております。そのため高価買取することが可能となりました。

なんと一般的な買取店との差額が50万円以上出たケースも!SUVを高く売りたいならSUVラボ買取!

通話料無料のフリーダイヤルからお問い合わせ

通話
無料

0120-677-778受付時間 9:00~18:00 (365日対応)

最短22秒無料査定!今スグお気軽に!査定依頼をする

ジープ コマンダーの買取相場一覧表

グレード年式買取相場価格
リミテッド2009年式 ~ ¥1,486,140
2008年式¥1,242,000 ~ ¥1,935,000
2007年式¥882,000 ~ ¥1,692,000
2006年式¥855,000 ~ ¥1,935,000

あなたは愛車ジープ コマンダーの買取価格に満足していますか?

ジープ・コマンダー (Jeep COMMANDER) は、2006年にダイムラー・クライスラー社よりジープブランドのフラッグシップモデルとして発売されたSUVです。「グランドチェロキー」をベースに開発されたコマンダーは、ジープシリーズ中初めての7人乗り3列シートが採用されました。ワゴンやミニバンとは違う、あくまでジープのSUVであるというアイデンティティが強調されたエクステリアデザインを好むユーザーから高評価を獲得していましたが、2009年に日本仕様車の正規ディーラー取扱いを終了。その後本国アメリカでも生産および販売が終了し、ジープとしては比較的短命のモデルとなりました。

ジープ コマンダーの買取相場について

コマンダーのベースとなったグランドチェロキーは、1993年の登場から現在に至るまで高い人気を誇るロングセラーモデルであり、モデルチェンジを重ねる毎に欧州車のような洗練されたデザインへと変化を遂げています。対してコマンダーのデザインは原点回帰ともいえるジープならではの押し出し感あるスタイリングで、そのレトロモダンな雰囲気が他には無い個性としてジープファンに受け入れられました。現在の中古車市場においては個体数が少なく希少車と言える範囲ではあるのですが、あまり存在を知られていないマニアックな車種であることや、アメリカ車が指摘されがちな燃費性能の悪さなどがネックとなり、新車販売時の価格を考慮すると現状の買取相場はあまり高いとは言えない状況です。


ジープ コマンダーの買取や売却のポイント

コマンダーに搭載されるのは、どちらもV型8気筒の4.7L SOHCエンジンまたは5.7L HEMIエンジンの2種類。これにフルタイム4WD/5速オートマチック+5速マニュアルの可変システムが組み合わされています。オートマチックからマニュアルシフトへの切り替えは、オートマDレンジでの走行中、シフトレバーを左右に動かすことで自動的にマニュアルシフトへと切り替わる仕様です。電子制御式のトランスファーとセンターデフを含む3つのデフに作用する電子制御LSDシステム“クォドラドライブII”の採用により、砂地や雪道などの悪路でも高い走破性でドライバーをサポートするジープらしさは健在。パワフルな5.7Lモデルは、2,360kgもの車両重量でありながら最高出力326ps/5000rpm、最大トルク51.0kgm/4000rpmを発生し、低回転域から湧き出る太いトルクが軽々とした走りを実現しています。何よりの魅力であるジープ伝統のアイデンティティを盛り込んだエクステリアでは、アップライトなウインドウシールド、直立したボディサイドパネル&サイドガラス、7本の縦型スロットグリル、縦並びの丸型ヘッドライトなどが目を引くポイント。ジープブランドだからこそ表現できる生粋のオフローダーテイストを纏っています。インテリアも同様に、ステアリングパッドやシフトレバーノブのジープマーク意匠、空調パネルなどの固定に六角ボルト留めを採用することでコクピットにいてもヘビーデューティー感が感じられるスタイリング。それでいて、落ち着いた雰囲気のレザーシートやウッドパネルがフラッグシップモデルらしい上質な空間を演出しており、居住性に優れています。とくに個性的なのが、後列になるほどヒップポイントが高くなるスタジアムシートの採用です。加えて、ドライビングシート上部に「パワーガラスサンルーフ」が、2列目シート上部には後部座席の閉塞感をなくすため「コマンドビュー・ツインガラスルーフ」と呼ばれるサンルーフが装備されており、後席であっても開放感あふれるドライブを楽しむことができ、ファミリーでのレジャー旅などを盛り上げてくれることでしょう。

それでは、改めてジープ・コマンダーの買取のポイントを下記に挙げていきます。

・ボディカラー:ブラック・ホワイト系は安定した人気あり
・搭載エンジン:ハイエンドな5.7Lモデルは、より希少性も高く高評価
・必須装備:カーナビ(できれば純正)
・その他:禁煙車、低走行、事故歴/修復歴/パネル交換/板金塗装なしであれば尚良し

ジープ・コマンダーのご売却を検討の際は、SUVの取扱に精通している弊社が丁寧にお手伝いをさせていただきます。ぜひお気軽にご相談ください!

無料査定依頼フォーム
最短22秒無料査定!今スグお気軽に!

お急ぎの場合はお気軽に

0120-677-778

までお電話ください。

愛車について

メーカー名(通称)必須
車種名(グレード名)必須
年式必須
走行距離(km)必須

お客様について

お名前必須
希望連絡先(TEL)必須
e-mail必須
住所(郵便番号)
郵便番号から自動入力されます
住所(都道府県)必須
住所(詳細)
備考

ジープ コマンダーを
一括査定やディーラー下取りに依頼する前に

ボディサイズは全長4,795mm×全幅1,900mm×全高1,830mmと、グランドチェロキーをほんの少し延長した程度ですが、スクエアでボクシーなデザインのおかげで一回り大きく見えるほどの迫力をもつコマンダー。力強い存在感とあまり見かけない珍しさで、すれ違う人々の注目を集めることもあるでしょう。ホイールベースは2,781mmで、アイポイントが高く見切りの良い視界も手伝って思いのほか取り回しし易いため、狭い道でも不安無く運転できます。万人に受け入れられるモデルとは言い難いですが、それだけに唯一無二の個性に惹かれるファンが多いのも事実で、今でも状態の良い中古コマンダーを探しているユーザーは確実に存在します。したがって、売却と購入のマッチングが上手くいきやすいSUV専門店や輸入車専門店であれば、より良い査定額が提示される可能性も高いのではないでしょうか。ディーラー下取りでは買い叩かれる傾向があり、あまりおすすめとはいえません。買い手の動向に詳しく、且つマニアックなクルマにも精通した専門店による査定を受けてみましょう。そもそもジープのフラッグシップとして登場した上級仕様SUVであるコマンダーの査定は、しっかりとした査定眼をもつ取引店であれば、その良さが評価されて悔いの無い売却が叶うはずです。

ジープコマンダーの車両情報

燃費

-km/L

排気量

4700~5654cc

新車時価格帯

609~682.5万円

最高出力

231ps/4500rpm~326ps/5000rpm

ジープコマンダーのグレード一覧

燃費-km/L
排気量4700cc
新車時価格609万円
最大出力231ps/4500rpm
駆動方式4WD
生産期間2007年01月~
燃費-km/L
排気量5654cc
新車時価格682.5万円
最大出力326ps/5000rpm
駆動方式4WD
生産期間2007年01月~

SUVの高額査定は
SUVラボ買取
強力にバックアップ!

SUVのことならSUVラボ買取!

通話料無料のフリーダイヤルからお問い合わせ

通話
無料

0120-677-778受付時間 9:00~18:00 (365日対応)

最短22秒無料査定!今スグお気軽に!査定依頼をする