SUVラボ買取

通話
無料

0120-677-778受付時間 9:00~18:00 (365日対応)

最短22秒無料査定!今スグお気軽に!査定依頼をする

アウトランダーを専門で高価買取

SUV専門店だからできる高額査定!
pr_point

専門店だから各モデルの特徴セールスポイント熟知しております。そのため高価買取することが可能となりました。

なんと一般的な買取店との差額が50万円以上出たケースも!SUVを高く売りたいならSUVラボ買取!

通話料無料のフリーダイヤルからお問い合わせ

通話
無料

0120-677-778受付時間 9:00~18:00 (365日対応)

最短22秒無料査定!今スグお気軽に!査定依頼をする

あなたは愛車三菱 アウトランダーの買取価格に満足していますか?

三菱アウトランダーは2005年~2012年、2012年~現在に至るまで2代のモデル渡り生産されている車種で初代モデルは三菱自動車とダイムラー・クライスラーで共同開発したプラットフォームを使用しエアトレックの後継車種として開発されました。初代の初期モデルは直列4気筒2.4リッターMIVECエンジンにスポーツモード付きCVT、駆動方式は4輪駆動のみで5人乗りと7人乗りの2タイプが用意されていました。4輪の駆動配分は2WD、4WDオート、4WDロックを選択できます。2007年10月にはV型6気筒3.0リッターエンジンが追加。2008年8月には2WDのFFモデルを追加。2009年12月には直列4気筒2.0リッターモデルが追加されました。2012年12月に2代目モデルとなる現行モデルにフルモデルチェンジされました。2代目のシリーズ構成は直列4気筒2.0リッターがFWD、直列4気筒2.4リッターが4WD、変速機はどちらもCVTとなります。ボディサイズは先代とほぼ同じながらもボディ骨格部分に高張力鋼板を多用し、先代モデルよりも100~110kgの軽量化が図られています。ボディデザインも曲面デザインを採用し空力性能が向上し燃費向上に寄与している。また、アイドリングストップ機能も採用されています。安全性能面では前後左右、サイド&カーテンエアバッグ、運転席ニーバッグの7つのエアバッグを全車標準装備。エンジンの出力と4輪のブレーキを個別に制御するASCをすべてのグレードに搭載、2.4Lリッターモデルの「24G Safety Package」、「24G Navi Package」には先行車に追従する「レダークルーズコントロールシステム」、追突による被害を軽減する「衝突被害軽減ブレーキシステム」走行レーンの逸脱を監視する「車線逸脱警報システム」が装備されています。2015年4月にはフロントマスクを中心としたエクステリアデザインの変更LEDヘッドランプ、LEDリアコンビネーションランプの採用、静粛性を高めるために吸音・遮音材や制振材等の追加、サスペンション支持部の剛性強化、リアショックアブソーバーのシリンダー大径化による操縦安定性の向上等大幅なマイナーチェンジが実施されています。2017年7月には特別仕様車としてアクティブギアが追加されました。

三菱 アウトランダーの買取相場について

初期モデルはデビューから既に13年ほど経過しており、市場に出回っている車両は10万km前後の走行をしているものが占めていますが、2.4L・4WD・7人乗りモデル、初代のみの搭載となった3.0Lモデルは人気が安定してあり、走行距離、年式等にあまり左右されず高値で安定しているといえます。また、初代モデルのみにあった特別仕様車のローデストと言うエアロパーツが装着されたモデルも市場での人気は高いと言えます。2012年~の2代目モデルに関しましては2代目前期モデルに関しては安全装備が充実している「24G Safety Package」、「24G Navi Package」が高値で取引されています。2012年式の初代と2代目で比較した場合は、2代目が生産初期の影響の為か初代より安く市場で取引されている場合も見受けられます。2代目に関していえば2015年4月マイナーチェンジ以降のモデルが高値で取引されています

買取相場:約12万円~約180万円

(※2018/6 時点)


三菱 アウトランダーの買取や売却のポイント

市場ではどの様な状態、カラー、グレード等を評価しているでしょうか

初代、2代目のモデル共に共通して人気のあるカラーはホワイト、シルバー、ブラック系が人気があり、装備品ではロックフォードフォズゲートプレミアムサウンドシステムを装備した車両といえます。次にモデル別の人気の傾向を説明していきます。

・初代は2.4L・4WD・7人乗りが人気

・サンルーフ、ルーフレールのオプションが装着されている車両

・2007/10~2009/9まで設定されていたV63.0リットル車両

・2010年7月以降のローデスト・4WD・7人乗りモデル

・2010年9月以降のCVT等の制御が改善され燃費が向上したモデル

では、現在の市場に出回っている主流の2代目の高査定対象ポイントを説明していきます。

・初期モデルは「e-Assist」が装備される「24G Safety Package」、「24G Navi Package」

・2015年6月にエクステリアを大幅にリニューアルした後期モデル、エクステリアのみならず車体の剛性アップや、操縦安定性の向上のためにリアショックアブソーバーの改良、新世代CVTの搭載など大幅な改良が加えられています。

後期型カラーの主流はやはり白、黒、グレー系統ですがレッドも人気のあるカラーと言えます。いかがでしたでしょうか、ご売却の参考になりましたでしょうか。ここまで読んで来られて、ご売却検討中の車両の条件が今まで説明した条件に当てはまらなくてもオプション装着の内容や、使用状態等によって思わぬ高査定になる場合もありますので、まずは気軽に査定を依頼して見る事をお勧めします。

無料査定依頼フォーム
最短22秒無料査定!今スグお気軽に!

お急ぎの場合はお気軽に

0120-677-778

までお電話ください。

愛車について

メーカー名(通称)必須
車種名(グレード名)必須
年式必須
走行距離(km)必須

お客様について

お名前必須
希望連絡先(TEL)必須
e-mail必須
住所(郵便番号)
郵便番号から自動入力されます
住所(都道府県)必須
住所(詳細)
備考

三菱 アウトランダーを
一括査定やディーラー下取りに依頼する前に

重要なのはまず買取査定に出して自分の車の価値を知ることが大切です。初代モデルで言えば2.4リットル・4WD、3.0リットルの程度が良いものであれば高値で買い取られると考えて良いでしょう。3代目モデルでは基本的に4WDである事が高査定の対象となります。特別仕様車のアクティブギアも高査定となります。また3代目は2010年の登場以来、2011年6月エアロパーツ装着のローデストグレード追加、2011年10月アイドリングストップ採用(上級グレード)、2012年10月ベースグレードもアイドリングストップを採用、2014年4月のマイナーチェンジの際にCVTのギア比変更による燃費向上、2017年2月フロントフェイスの大幅変更実施。2017年10月アクティブギアグレードの追加、安全装備としてGグレードに衝突被害軽減ブレーキシステムや車線逸脱警報システムを標準装備、2019年にはフルモデルチェンジが予定されていますので、フルモデルチェンジ前に売却するのも値崩れせずに売却できるポイントとなります。

三菱アウトランダーの車両情報

燃費

14.6~16km/L

排気量

1998~2359cc

新車時価格帯

253.8~328.4万円

最高出力

150ps/6000rpm~169ps/6000rpm

三菱アウトランダーのグレード一覧

燃費14.6km/L
排気量2359cc
新車時価格328.4万円
最大出力169ps/6000rpm
駆動方式4WD
生産期間2017年03月~
燃費14.6km/L
排気量2359cc
新車時価格296.2万円
最大出力169ps/6000rpm
駆動方式4WD
生産期間2017年03月~
燃費14.6km/L
排気量2359cc
新車時価格283.2万円
最大出力169ps/6000rpm
駆動方式4WD
生産期間2017年03月~
燃費16km/L
排気量1998cc
新車時価格299.1万円
最大出力150ps/6000rpm
駆動方式FF
生産期間2017年03月~
燃費16km/L
排気量1998cc
新車時価格266.9万円
最大出力150ps/6000rpm
駆動方式FF
生産期間2017年03月~
燃費16km/L
排気量1998cc
新車時価格253.8万円
最大出力150ps/6000rpm
駆動方式FF
生産期間2017年03月~
燃費14.6km/L
排気量2359cc
新車時価格318.9万円
最大出力169ps/6000rpm
駆動方式4WD
生産期間2017年07月~
燃費16km/L
排気量1998cc
新車時価格289.5万円
最大出力150ps/6000rpm
駆動方式FF
生産期間2017年07月~

SUVの高額査定は
SUVラボ買取
強力にバックアップ!

SUVのことならSUVラボ買取!

三菱 アウトランダーの関連記事

通話料無料のフリーダイヤルからお問い合わせ

通話
無料

0120-677-778受付時間 9:00~18:00 (365日対応)

最短22秒無料査定!今スグお気軽に!査定依頼をする