SUVラボ買取

通話
無料

0120-677-778受付時間 9:00~18:00 (365日対応)

最短22秒無料査定!今スグお気軽に!査定依頼をする

三菱 アウトランダーPHEVを専門で高価買取

SUV専門店だからできる高額査定!
pr_point

専門店だから各モデルの特徴セールスポイント熟知しております。そのため高価買取することが可能となりました。

なんと一般的な買取店との差額が50万円以上出たケースも!SUVを高く売りたいならSUVラボ買取!

通話料無料のフリーダイヤルからお問い合わせ

通話
無料

0120-677-778受付時間 9:00~18:00 (365日対応)

最短22秒無料査定!今スグお気軽に!査定依頼をする

あなたは愛車三菱 アウトランダーPHEVの買取価格に満足していますか?

三菱アウトランダーPHEVは2013年1月~現在に至るまで2代目アウトランダーをベースモデルとして前輪の駆動に2リッター直列4気筒エンジンとモーター、後輪の駆動にモーターを使用して4輪を駆動するプラグインハイブリッド車です。走行モードはバッテリー電力を使用しモーターのみで走る「EVモード」、登り坂や急加速などの際はエンジンで発電してモーターを駆動する「シリーズ走行モード」、高速道路等のエンジンで走行が効率の良い場合は、エンジンが直接タイヤを駆動し、モーターが補助的な役割をする「パラレル走行モード」となります。PHEVはハイブリッドとは違いエンジンでの充電のみならず外部充電器による充電も出来るハイブリッド車です。ベースとなっているアウトランダーとは違い、アウトランダーPHEVは5人乗りのみの設定となっています。充電兼走行を担うエンジンは直列4気筒2.0Lガソリンエンジンです。2014年1月発売モデルからは全グレードに「急速充電機能」を装備しています。2015年5月発売モデルからは運転席・助手席シートヒーターの標準採用。充電リッドにロック機能を追加。純正ナビゲーションシステムMMCS装着車はスマートフォン等からタイマー充電やプレ空調を操作出来るようになっています。2014年10月には特別仕様車のスポーツスタイルエディションを追加。センターバンパーのブラック化、アルミホイールの色をダークグレーにするなどエクステリアをスポーティーな印象にしたモデルです。2015年7月発売モデルは大幅なマイナーチェンジを実施し大幅なエクステリアデザインの変更、フロントまわりに「ダイナミックシールド」と呼ばれる三菱の新しいデザインが採用され、ヘッドランプ、テールランプのLED化の実施。内装においてはシート表皮の変更、ステアリングデザインの変更等を実施しています。また走行機能に関しましてはリアのショックアブソーバーの大径化、ボディ剛性を向上させ操安性、乗り心地を改善しています。吸音材、遮音材等の追加による静粛性向上も行われております。パワーユニットに関しましてはエンジンのフリクション低減やハイブリッドシステム制御の変更により燃費が改善されています。2017年2月発売モデルでは、エンジン始動を抑える「EVプライオリティモード」の追加、急速充電時間の短縮、ショックアブソーバーの改善、ブッシュ類の変更による操縦安定性の向上、車両運動統合制御システム「S-AWC」の制御内容を変更する事で旋回性能とコントロール性能の向上を計っています。予防安全装備として衝突被害軽減ブレーキのセンサーにカメラとレーザーレーダーを採用、オートマチックハイビーム機能の搭載、電動パーキングブレーキやブレーキオートホールド機能の追加、フロントフォグランプのLED化が実施されました。また、追加設定されたSエディショングレードにおいては、ビルシュタイン社製のショックアブソーバーの採用、ボディ剛性を高めるために構造用接着材用いられている。2017年11月には「M」グレードをベースに予防安全技術「e-Assist」の装備、100V_AC電源、ステアリングヒーター、自動防眩ルームミラー、雨滴感応オートワイパー、18インチラウンドリムタイプホイール、LEDフォグランプを標準装備しながらも価格を抑えたGリミテッドエディションが発売されました。

三菱 アウトランダーPHEVの買取相場について

初期モデルはデビューから既に5年ほど経過しておりますが、昨今のエコブーム、市場のハイブリット、EVへの人気が高まって来ていますので、走行距離、年式等にあまり左右されず高値で安定しているといえます。また、装備面ではAC100V電源装着車、グレードではGセーフティパッケージ、Gナビパッケージが高値で取引されています。前期モデルのみにあった特別仕様車のスポーツスタイルエディションと言うモデルも市場での人気は高いと言えます。後期型2015年7月以降のモデルに関しましては現在新車で販売されているモデルと基本的には共通なためさらに高値で安定していると言えます。グレードではGナビパッケージ、Gセーフティパッケージの人気が高いと言えます。

買取相場:約90万円~約260万円(※2018/6 時点)


三菱 アウトランダーPHEVの買取や売却のポイント

では、市場ではどの様な状態、カラー、グレード等を評価しているでしょうか前期、後期のモデル共に共通して人気のあるカラーはホワイト、シルバー、ブラック系が人気があり、装備品ではサンルーフ、本革シートを装備した車両が人気といえます。次にモデル別の人気の傾向を説明していきます。
・初期モデルではGセーフティパッケージ、Gナビパッケージ、Gプレミアムパッケージが人気
・初期モデルのみにあった特別仕様車、スポーツスタイルエディション
・2015年7月以降の後期モデルでは初期モデル同様、Gセーフティパッケー、Gナビパッケージ、Gプレミアムパッケージグレード及び後期モデルから追加設定されたSエディションが人気です。
・2017年2月以降のモデルは急速充電時間の短縮や、ハイブリッドシステムの改良、安全装備の充実が図られており、高査定の対象となります。
・2017年11月に追加されたGリミテッドエディションも豊富な装備等から市場での評価の高いモデルと言えます。
後期型カラーの主流はやはり白、黒、グレー系統ですがレッドも人気のあるカラーと言えます。いかがでしたでしょうか、ご売却の参考になりましたでしょうか。ここまで読んで来られて、ご売却検討中の車両の条件が今まで説明した条件に当てはまらなくてもオプション装着の内容や、使用状態等によって思わぬ高査定になる場合もありますので、まずは気軽に査定を依頼して見る事をお勧めします。

無料査定依頼フォーム
最短22秒無料査定!今スグお気軽に!

お急ぎの場合はお気軽に

0120-677-778

までお電話ください。

愛車について

メーカー名(通称)必須
車種名(グレード名)必須
年式必須
走行距離(km)必須

お客様について

お名前必須
希望連絡先(TEL)必須
e-mail必須
住所(郵便番号)
郵便番号から自動入力されます
住所(都道府県)必須
住所(詳細)
備考

三菱 アウトランダーPHEVを
一括査定やディーラー下取りに依頼する前に

重要なのはまず買取査定に出して自分の車の価値を知ることが大切です。前期モデルで言えばGナビパッケージ、Gセーフティパッケージ、Gプレミアムパッケージの程度が良いものであれば高値で買い取られると考えて良いでしょう。2014年1月以降のモデルには全車に「急速充電機能」が採用されていますので、高査定のポイントになります。2014年5月以降のモデルには全車に「運転席・助手席ヒーター」が表重装備されておりますので、高査定のポイントとなります。2015年7月発売以降の後期モデルでは大幅なフェイスリフト、燃費の改善、ボディ、シャシーの改良が行われ、前期モデルより高査定の対象となります。2019年にはフルモデルチェンジが予定されていますので、フルモデルチェンジ前に売却するのも値崩れせずに売却できるポイントとなります。

三菱 アウトランダーPHEVの関連記事

通話料無料のフリーダイヤルからお問い合わせ

通話
無料

0120-677-778受付時間 9:00~18:00 (365日対応)

最短22秒無料査定!今スグお気軽に!査定依頼をする