SUVラボ買取

通話
無料

0120-677-778受付時間 9:00~18:00 (365日対応)

最短22秒無料査定!今スグお気軽に!査定依頼をする

日産 ムラーノを専門で高価買取

SUV専門店だからできる高額査定!
pr_point

専門店だから各モデルの特徴セールスポイント熟知しております。そのため高価買取することが可能となりました。

なんと一般的な買取店との差額が50万円以上出たケースも!SUVを高く売りたいならSUVラボ買取!

通話料無料のフリーダイヤルからお問い合わせ

通話
無料

0120-677-778受付時間 9:00~18:00 (365日対応)

最短22秒無料査定!今スグお気軽に!査定依頼をする

あなたは愛車日産 ムラーノの買取価格に満足していますか?

ムラーノ(MURANO)は日産自動車が製造・販売するラージサイズのクロスオーバーSUVです。同社の業績低迷期に危機打開策としてプレッシャーがかかりつつも北米向け専用として開発されたムラーノは、2002年にデビューするや、独特のスタイリッシュな大柄ボディが好まれ大人気となりました。当初は日本および他国での販売を予定しておりませんでしたが、その導入を望む声が高かったため2004年から日本国内で販売開始。さらには世界100カ国以上で販売される世界戦略車に成長しました。日本では2015年に販売終了していますが、北米や中国などではフルモデルチェンジを経て現在も生産および販売を続けています。

日産 ムラーノの買取相場について

日本においては、2004年から2008年まで初代Z50型が、2008年から2015年まで2代目のZ51型が販売されていたムラーノ。2002年に北米市場で発売された直後から日本国内導入のリクエストが多く、また、2003年の東京モーターショーにて参考出品した際の大きな反響がきっかけとなり、急遽右ハンドル車モデルを開発して日本国内での販売を開始しました。斬新なスタイリングと高い動力性能が人気の秘訣で、国内販売が開始された2004年度にグッドデザイン賞を受賞したことでさらに注目を集め、着実にファンを増やし安定した販売実績を得ました。現在のムラーノの買取相場は、状態や走行距離に比例して、ほぼ標準的なものであると言えます。10万kmを超える個体も市場に出回っており、それらはやはり安価な価格がついていますが、裏を返せば、大切に扱えばそれだけ走ってもなお価値の付くクルマであることの証明でもあります。

・買取相場 5~240万円(2018年8月現在)


日産 ムラーノの買取や売却のポイント

初代ムラーノのプラットフォームはティアナや北米向けのマキシマなどと同じ大型FF車用のFF-Lを採用。パワートレインは、日本専用で4速ATと組み合わされる2.5Lの直列4気筒エンジンと、北米その他と共通でCVTと組み合わされる3.5LのV6エンジンの2種類。グレードは「350XV FOUR」、「350XV」、「250XL」の3種類が設定されていました。上級グレードの350XV FOURは横置き前輪駆動ベースの4WDで、エクストレイルなどにも採用されているオールモード4×4を搭載。室内装備はBOSEサウンドシステムが全車に、3.5L車にはさらに本革シートやDVDナビが標準装備されています。初代販売期間中には、北米仕様後期型のフロントグリルを採用した特別仕様車も登場しました。2008年にフルモデルチェンジが実施された2代目ムラーノには大胆なデザイン変更が施され、グリルと4連プロジェクターヘッドライトが同化したデザインのフロントマスクや、くぼんだように見えるボンネットフードなどが印象的な仕上がりとなっています。2代目登場時は一旦4WDのみに駆動方式を絞りましたが、2010年にFFモデルが追加されました。グレードおよびエンジン構成は初代を引き継ぎ、上級グレードのXVとベーシックグレードのXLが存在し、それぞれに2.5L直列4気筒エンジン、3.5LのV6エンジンを用意。組み合わされるミッションはCVTのみとなりました。グレード間の違いは大きく、XVはシートヒーター付本革シートや前後2つのサンルーフを持つスタイリッシュガラスルーフなどが標準装備されています(ガラスルーフはレスOP車もあり)。さらにモデル途中からはHDDナビやクルーズコントロールも標準となって、新車時のグレード間の価格差は80万円ほどありました。しかし、中古車市場ではグレードによりそれほど大きい価格差はなく、誤差の範囲内といえる程度です。このことから、細かなオプション装備の評価以上に、ムラーノというクルマそのものの出来や人気に対する市場の高い評価が伺えます。高額買取を狙うのであれば、やはり取引店の知識が豊富なほど、それぞれの装備に関しても適切な査定が可能になるでしょう。

では、改めて買取のポイントを下記に挙げてみます。

・ボディカラー:ブラック・ホワイト系は安定して人気あり
・年式:2008年以降の2代目であればより高額査定が見込めますが、初代でも個体の状態がよければ諦めるのはまだ早いと思われます
・必須装備:カーナビ(できれば純正)
・その他:本革シート、禁煙車、低走行、事故歴/修復歴/パネル交換/板金塗装なしであれば尚良し

発売当初は北米のみの展開であったにも関わらず、そのデザインと走りで多くの人を魅了し、日本国内販売が始まったという来歴をもつムラーノ。色あせない魅力に惹かれ、今もこのクルマを探している愛好家に出会える可能性もあるのではないでしょうか。SUV取り扱いの豊富な知識と経験をもつ弊社が、良い出会いのお手伝いをさせていただきます。ご売却を検討の際はぜひご相談ください!

無料査定依頼フォーム
最短22秒無料査定!今スグお気軽に!

お急ぎの場合はお気軽に

0120-677-778

までお電話ください。

愛車について

メーカー名(通称)必須
車種名(グレード名)必須
年式必須
走行距離(km)必須

お客様について

お名前必須
希望連絡先(TEL)必須
e-mail必須
住所(郵便番号)
郵便番号から自動入力されます
住所(都道府県)必須
住所(詳細)
備考

日産 ムラーノを
一括査定やディーラー下取りに依頼する前に

ムラーノの魅力を語る際にまず着目されるのは、個性的でモダンな、独特のエクステリアデザイン。北米で販売を開始した2002年当時にはまだ昨今ほどSUVというカテゴリそのものが成長しておらず、いわゆるオフロードで武骨なイメージの車種が目立っている中で、ムラーノのもつ流線的で洗練されたフォルムが他にはない魅力として人々の心を掴み、一躍人気車種となりました。そのデザインは今のこのSUV隆盛期であっても古さを感じさせず、すでに国内での新車販売が終了しているクルマであることも重なって、中古車市場には今も状態の良いムラーノを探している層が存在します。もちろんデザインだけでなく、前項で述べたように過走行気味とも思われる個体でも価値が付くほど走りも高く評価されています。このように、今も色あせない魅力があるクルマは、車種を特定して購入を検討しているユーザーが買取専門店等に声をかけている場合があると考えられます。したがって、売却と購入のマッチングが上手くいきやすいSUV専門店や買取専門店であれば、より良い査定額が提示される可能性も高いのではないでしょうか。ディーラー下取りではやはり買い叩かれる傾向があり、あまりおすすめとはいえません。買い手の動向に詳しく、且つ個体の状態や市場評価を適切に査定できる販売店との取引が最善の結果に繋がるでしょう。

日産 ムラーノの関連記事

通話料無料のフリーダイヤルからお問い合わせ

通話
無料

0120-677-778受付時間 9:00~18:00 (365日対応)

最短22秒無料査定!今スグお気軽に!査定依頼をする