SUVラボ買取

通話
無料

0120-677-778受付時間 9:00~18:00 (365日対応)

最短22秒無料査定!今スグお気軽に!査定依頼をする

日産 サファリを専門で高価買取

SUV専門店だからできる高額査定!
pr_point

専門店だから各モデルの特徴セールスポイント熟知しております。そのため高価買取することが可能となりました。

なんと一般的な買取店との差額が50万円以上出たケースも!SUVを高く売りたいならSUVラボ買取!

通話料無料のフリーダイヤルからお問い合わせ

通話
無料

0120-677-778受付時間 9:00~18:00 (365日対応)

最短22秒無料査定!今スグお気軽に!査定依頼をする

あなたは愛車日産 サファリの買取価格に満足していますか?

日産サファリ(SAFARI)は、日産車体が製造、日産自動車が販売するビッグサイズの本格オフローダー四輪駆動車として1980年に発売されました。モデルチェンジを重ねて現在では大きく分けて3世代のモデルがあり、初代の160型、2代目のY60型と続き、3代目のY61型を最終モデルとして2007年に国内販売を終了しました。その後も海外では日産パトロールという車名で販売が続けられています。強靱なスタイリングで車高が高いため悪路走行を得意とし、スクエアなボディがいかにもクロスカントリー車といった趣のサファリは、今もなお愛好家の自家用車として、また、消防や警察の業務用として活躍しています。

日産 サファリの買取相場について

現在中古車市場に出回っているサファリのほとんどは3代目にあたるY61型です。加えて、人気のわりに個体数が希少なためほとんどコレクター商品のような扱いで2代目のY60型も見つけることができます。初代については最後期の年式でも30年以上が経過してしまっているため、ほぼ目にすることはありません。数の少ないY60型は販売当時から人気のある車種だったことも影響してプレミア的な価値がついており、その古さや、ものによっては20万Kmを超す走行距離に関わらず、非常に高値で取引されています。Y60型ほどではないもののY61型にもその傾向は見られ、国内販売終了から10年以上経過した今も、他にはない頑丈なボディーと武骨でワイルドなスタイリングに惹かれたユーザーから根強く支持され、高めの買取相場となっています。

・買取相場 35~220万円(2018年8月現在)


日産 サファリの買取や売却のポイント

サファリの買取および売却ポイントを考えるにあたり、現在市場において流通数が多めのY61型について述べていきます。1981年から約10年間販売されていたY60型に続き、1997年10月に実施されたフルモデルチェンジで登場したY61型。このモデルもまた、2007年までの約10年間販売されていました。本格4WDのテイストを引き継ぎながら、丸みを取り入れたフォルムと高級感のあるインテリアを採用し、オンロードにもマッチするデザインとなっています。定評のあるオフロード向けの走行性能も健在。2ドアモデルには2.8L直列6気筒ディーゼルターボ、4ドアモデルは4.5L直列6気筒ガソリンと4.2Lの直列6気筒ディーゼルターボエンジンが組み合わされ、ミッションは4.5Lガソリンエンジン搭載車が4速ATのみ、それ以外には5速MTと4速ATが設定されていました。2002年に実施されたマイナーチェンジでは、4ドアモデルのエンジンを4.8Lに拡大。さらに新型エンジンの搭載によりトルクも向上し、よりパワフルな走りを実現しました。ブレーキローター径の拡大、大型ブレーキキャリパーの採用によりブレーキ性能もアップ。あわせて2ドアモデルを廃止し、グレードを調整しました。2004年のマイナーチェンジではエクステリアとインテリアの双方に大幅なデザイン変更を実施し、当時の日産カタログ内で最高級のSUVであったため、プレミアムな雰囲気も漂うクルマになりました。しかしながら、愛好家にとってこの高級路線がサファリのイメージとはそれほど合致せず、武骨でワイルド、タフな魅力が失われて一般的なクルマになってしまうと悲観的に捉える意見もありました。バンパーやホイールを変更することで、アクティブなクロスカントリースタイルにカスタムしたユーザーも多いようです。

それでは、日産・サファリY61型の高額買取を狙う際に有効なポイントを挙げていきます。

・ボディカラー:ブラック・ホワイト系は安定した人気あり
・年式:2002年11月のマイナーチェンジから2004年8月のマイナーチェンジまでに販売されたモデルはパワフルなエンジンでありながら初期デザインを保っているため人気あり
・その他:禁煙車、低走行、事故歴/修復歴/パネル交換/板金塗装なしであれば尚良し

こうしたポイントとあわせて、しっかりとしたメンテナンス記録を持っていれば、より高評価に繋がるでしょう。ここではY61型について詳しく述べましたが、さらに高額買取が期待できるY60型に関しては、クルマそのものにプレミア価値が付いているため具体的なポイントを解説するのが難しいと言えます。もしもY60型のサファリをお持ちなら、まずは知識が豊富で信頼できる取引店に相談するのがベストです。日産が誇る名車とも言われるサファリのご売却を検討の際は、SUVの取扱に精通している弊社が丁寧にお手伝いをさせていただきます。ぜひお気軽にご相談ください!

無料査定依頼フォーム
最短22秒無料査定!今スグお気軽に!

お急ぎの場合はお気軽に

0120-677-778

までお電話ください。

愛車について

メーカー名(通称)必須
車種名(グレード名)必須
年式必須
走行距離(km)必須

お客様について

お名前必須
希望連絡先(TEL)必須
e-mail必須
住所(郵便番号)
郵便番号から自動入力されます
住所(都道府県)必須
住所(詳細)
備考

日産 サファリを
一括査定やディーラー下取りに依頼する前に

日産・サファリは1951年に誕生した4W60型の「パトロール」を起源として、1980年に初代160型が発売された、いわば日産伝統の本格オフローダーです。近年人気を博しているクロスオーバー系SUVとは一線を画し、過酷な条件下でも肉厚なフレームと強靱な駆動系が力を発揮して走破できる実力の持ち主。また、ハイルーフやロングボディなどのサイズ展開もあり、人も荷物も楽々積み込みサーフィンで海へ、キャンプで山へなど、どこへでも行ける楽しさが評判となったことで、アウトドアアクティビティを好む層に大人気となりました。今となってはレトロな魅力も見出せる、オーソドックスな四角いビッグボディも人気のあるポイントです。現在の中古車市場では、古いものほど好まれるというプレミア的価値が付き、過走行車両であってもきちんとメンテナンスされた状態の良い個体であれば、同年式の他車種の何倍も高い価格で取引される傾向があります。こうした車両は一括査定やディーラー下取りの評価よりも、マニアックなクルマにも精通した買取専門店等による査定のほうが圧倒的に高い評価がつきます。個体の古さに関わらず、各装備の状態やメンテナンス記録から程度の良し悪しを判断し、プレミア価値も鑑みて査定ができる取引店を選ぶことが大切です。

通話料無料のフリーダイヤルからお問い合わせ

通話
無料

0120-677-778受付時間 9:00~18:00 (365日対応)

最短22秒無料査定!今スグお気軽に!査定依頼をする