SUVラボ買取

通話
無料

0120-677-778受付時間 9:00~18:00 (365日対応)

最短22秒無料査定!今スグお気軽に!査定依頼をする

トヨタ RAV4 EVを専門で高価買取

SUV専門店だからできる高額査定!
pr_point

専門店だから各モデルの特徴セールスポイント熟知しております。そのため高価買取することが可能となりました。

なんと一般的な買取店との差額が50万円以上出たケースも!SUVを高く売りたいならSUVラボ買取!

通話料無料のフリーダイヤルからお問い合わせ

通話
無料

0120-677-778受付時間 9:00~18:00 (365日対応)

最短22秒無料査定!今スグお気軽に!査定依頼をする

あなたは愛車トヨタ RAV4 EVの買取価格に満足していますか?


RAV4 EVはトヨタ自動車によりこれまで2度にわたって開発されたことのある電気自動車です。同社のクロスオーバーSUVであるRAV4をベース車両とし、まず1997年に初代RAV4 EVがデビュー。当時販売中であった初代RAV4にニッケル水素電池を搭載しEVへとコンバートしたモデルで、2003年に販売が終了しました。それから約10年を経て2012年に登場した2代目RAV4 EVはトヨタ自動車と米テスラモーターズとの共同で開発され、カリフォルニア州限定で販売。その性能は初代に比べ格段に向上していましたが、日本導入はおろか北米全土での販売も行われないまま2014年に販売が終了。約2年間のみの短命なモデルとなりました。

トヨタ RAV4 EVの買取相場について

前述の通りトヨタ・RAV4 EVにはその出自が全く違う2種類が存在しますが、ここからは日本国内でも販売されていた初代RAV4 EVについて述べていきます。初代RAV4 EV開発のきっかけは2003年にカリフォルニアにて施行されたZEV規制の基準を満たすためだったと言われています。日本国内ではレンタカー会社などへ向けて買い戻し条件つきのフリート販売で流通を始め、2000年に生産が終了してからも2003年までリースが続けられていました。一部車両は生産終了後、希望者に販売。リースおよび販売の合計台数は1,484台となっています。そのうちの何台が販売されたのか、何台を買い戻したのかという数字は発表されておらず、現在中古車市場に流通している個体数が極端に少ないことに加え、これから先も市場に現れる可能性は低いことが予想されます。その希少性の高さから明確な買取相場を示すのが難しい車種であるといえます。

・買取相場 流通量ゼロのため不明(2018年9月現在)


トヨタ RAV4 EVの買取や売却のポイント

初代RAV4 EVのメカニズムには交流同期モーターにFF駆動とフロアATトランスミッションが組み合わされており、その動力を支えるのはトヨタのハイブリッド車でも使われているシール型ニッケル水素バッテリーです。モーターの最高出力は50kW/3,100~4,600rpm、最大トルクは190N・m/0~1,500rpmとなっています。サスペンションはRAV4と同じくフロントにストラット式、リアにダブルウイッシュボーンを搭載。全長 3,980mm、全幅 1,695mm、全高 1,675mm、ホイールベース 2,410mmのコンパクトなボディで軽快な走りが可能です。最高速度は125km/h、1回の充電での継続走行距離は130~160kmでした。ベースとなったRAV4には3ドアモデルおよび5ドアモデルの2種のボディが存在していましたが、RAV4 EVには5ドアモデルのみが採用されました。充電システムについては、1997年の販売開始時に採用されていたコンダクティブ充電システム(既存の接触充電仕様)に加えて、1999年にインダクティブ充電システムモデルが追加となりました。GMが開発したインダクティブ充電技術をベースとしてトヨタとGMが共同でパドル(充電器側)およびチャージポート(車両側)の小型・軽量化を図り、世界最小化を果たしたこのシステムによって、充電器の車両搭載が不要となりました。充電器はウォールマウントタイプおよびフロアマウントタイプの2種が別売りで用意されています。インダクティブ充電タイプの入力電源は単相200V/40Aで、標準充電時間は約6時間。コンダクティブ充電タイプも引き続き併売されており、入力電源は単相200V/30Aで標準充電時間が約6.5時間と発表されています。新車販売時の価格はインダクティブ充電タイプのほうが約40万円安く充電時間も短縮されたため、より経済的なモデルであるとの見方もありましたが、別売りの充電器はメーカーオプションで約38万円からとなっており、結果的にどちらのモデルもそれほど価格差は感じられません。現在の中古車市場においては両モデルともに大変希少であるため、評価の際には個体の状態などの要素が優先されるでしょう。

RAV4 EVに関しては、モデルを通してたった1,484台の流通台数であったこと、グレード構成やマイナーチェンジが存在しないこと、モーターやバッテリーが未発達の時期に作られた電気自動車であることなどを考慮すると、具体的な買取のポイント等を挙げることはあまり意味を成さないと思われます。売却を検討する際には、まず信頼できる取引店に相談してみるのが先決でしょう。マニアックなSUVの取扱にも精通している弊社であれば、より良いお手伝いが出来ると自負しております。ぜひお気軽にご相談ください!

無料査定依頼フォーム
最短22秒無料査定!今スグお気軽に!

お急ぎの場合はお気軽に

0120-677-778

までお電話ください。

愛車について

メーカー名(通称)必須
車種名(グレード名)必須
年式必須
走行距離(km)必須

お客様について

お名前必須
希望連絡先(TEL)必須
e-mail必須
住所(郵便番号)
郵便番号から自動入力されます
住所(都道府県)必須
住所(詳細)
備考

トヨタ RAV4 EVを
一括査定やディーラー下取りに依頼する前に

初代RAV4 EVのベース車両となった初代RAV4のデビューは1994年に遡ります。SUVといえばオフロードやアウトドアに出掛けるためのクロスカントリー4WD車が主流であった時代に日本で初めて乗用車のモノコックをベースに開発されたRAV4は、現在世界中で人気を集めている街乗りクロスオーバーSUVの先駆け的存在。クロスカントリーブームの真っ只中でありながら、都市部での使い勝手を重視した5ナンバーサイズの4WDは他のSUVよりも取り回しやすく、オシャレな印象も相まって大ヒットモデルとなりました。RAV4 EVもまた、トヨタ自動車初の完全EVモデルとして革新的なデビューを飾っています。しかしながら当時はまだモーターやバッテリーが未発達の時期であったため、2代目RAV4以降はEVモデルが作られなくなり、生産は約3年間、リースおよび販売は約6年間と短期間で終了しました。このように一般流通数が少なく希少性が高い車種は、一括査定やディーラー下取りの評価よりマニアックなクルマにも精通した買取専門店等による査定のほうが高く評価される傾向にあります。RAV4 EVの査定を依頼するなら、幅広く専門的な知識をもってクルマの良し悪しを判断出来るSUV専門店等を探し出すことが最も重要だといえるでしょう。

トヨタRAV4 EVの車両情報

燃費

-km/L

排気量

0cc

新車時価格帯

457万円

最高出力

トヨタRAV4 EVのグレード一覧

燃費-km/L
排気量0cc
新車時価格457万円
最大出力-/4600rpm
駆動方式FF
生産期間1999年11月~2000年04月
燃費-km/L
排気量0cc
新車時価格-万円
最大出力-/4600rpm
駆動方式FF
生産期間1997年10月~2000年04月

SUVの高額査定は
SUVラボ買取
強力にバックアップ!

SUVのことならSUVラボ買取!

通話料無料のフリーダイヤルからお問い合わせ

通話
無料

0120-677-778受付時間 9:00~18:00 (365日対応)

最短22秒無料査定!今スグお気軽に!査定依頼をする