SUVラボ買取

通話
無料

0120-677-778受付時間 9:00~18:00 (365日対応)

最短22秒無料査定!今スグお気軽に!査定依頼をする

ボルボ V40クロスカントリーを専門で高価買取

SUV専門店だからできる高額査定!
pr_point

専門店だから各モデルの特徴セールスポイント熟知しております。そのため高価買取することが可能となりました。

なんと一般的な買取店との差額が50万円以上出たケースも!SUVを高く売りたいならSUVラボ買取!

通話料無料のフリーダイヤルからお問い合わせ

通話
無料

0120-677-778受付時間 9:00~18:00 (365日対応)

最短22秒無料査定!今スグお気軽に!査定依頼をする

ボルボ V40クロスカントリーの買取相場一覧表

グレード年式買取相場価格
D42018年式 ~ ¥2,486,000
2017年式 ~ ¥2,180,000
2016年式 ~ ¥2,012,000
2015年式 ~ ¥1,701,000
T32016年式 ~ ¥1,505,000
2015年式 ~ ¥1,063,000
T42014年式 ~ ¥1,371,000
T52018年式 ~ ¥2,561,000
2017年式 ~ ¥2,316,000
2016年式 ~ ¥2,082,000
2015年式 ~ ¥1,665,000
2014年式 ~ ¥1,472,000
2013年式 ~ ¥1,333,000

※このページに掲載している相場情報は、当サイトを運営するカレント自動車株式会社が独自に算出・分析した値で、実際の査定額を保証するものではありません

あなたは愛車ボルボ V40クロスカントリーの買取価格に満足していますか?

スウェーデンの乗用車メーカー、ボルボ・カーズによるプレミアムCセグメントの5ドアハッチバックモデル「V40」をベースに、車高を高くしてSUVテイストを盛り込み、アクティブな上級仕様に仕立て上げられている、V40クロスカントリー。初代V40クロスカントリーは2013年に2代目V40からのオフロード系派生モデルとしてデビューしました。その後はパワートレイン変更やグレード追加、フェイスリフト等を重ねており、年式によってさまざまな選択肢が存在するクルマです。さらに、ボルボのブランドアンバサダーであるファッションモデルがプロデュースする特別仕様車など、限定仕様にも力を入れています。

ボルボ V40クロスカントリーの買取相場について

ボルボは近年フォードグループを離れ中国のジーリーホールディングス傘下となって以降、独自で車両開発を始めたことが功を奏し、とくにSUVセグメントでは世界でも有数の実績を誇るクルマを多数リリースしています。初代V40はフォード時代から販売されていたミッドサイズセダン「S40」のステーションワゴン版として登場しました。そして、ボルボがジーリー傘下になってから初めての新型車として発表したモデルがコンセプトもデザインも刷新した2代目V40です。その2代目V40をベースに、高いシートポジション、たくましいエクステリアデザインとスタイリッシュな大径アルミホイールを装備したのがV40クロスカントリー。その後のXCシリーズにみられるボルボSUVの大成功に繋がるクルマであり、完成度の高さとデザイン性が高く評価され、買取相場も比較的高値で推移しているといえます。

・買取相場 60万円~240万円(2018年7月現在)


ボルボ V40クロスカントリーの買取や売却のポイント

ボルボV40クロスカントリーは、V40シリーズの中で唯一の4WD車として2013年に発売されました。それ以降に重ねられたマイナーチェンジを経て、現在の駆動方式はFFと4WDの2種があり、ガソリンエンジンモデルに追加する形でデビューしたディーゼルエンジンモデルもあわせて6種類のモデルが用意されています。ガソリンエンジンモデルは、V40シリーズの中でも上級グレードに搭載されるT5、2L直列4気筒ターボエンジンに4WD駆動と8段ATのトランスミッションを組み合わせた仕様が中心です。ディーゼルエンジンモデルは、2L/190PS/400Nmのターボエンジンに8段ATを組み合わせ、FF駆動となっています。それぞれのモデルで装備別に「キネティック」、上級の「モメンタム」、最上級の「サマム」という3グレードが設定されています。さらに、ボルボのブランドアンバサダーであるファッションモデルがドレスアップをプロデュースした特別仕様車として、2015年式の「アン ミカ セレクション」および2016年式の「イナトモ セレクション」が限定販売されました。2017年の特別仕様車で、「D4 ダイナミック エディション」および「D4 アクティブ エディション」の2種も存在します。人気の高いオプション装備はリアビューカメラやナビゲーション・パッケージといった実用的なものが挙げられますが、一方でパノラマ・ガラスルーフといった運転時の愉しさをもたらしてくれる装備も評価が高いポイントでしょう。発売から5年程度の比較的若いクルマでありながら、2015年以降はパワートレインが2種になり、2016年には3グレード体系が導入されフェイスリフトも実施されたように、多岐にわたる展開がなされているV40クロスカントリー。高額査定および買取の具体的なポイントとは、どういった点なのでしょうか。

・ボディカラー:安定のブラック・ホワイトだけでなく、グレー系も人気あり
・パワートレイン/トランスミッション:2015年以降のD4 ディーゼルターボに人気が集まっている傾向。ガソリンモデルではT5 4WDが人気あり
・グレード:価格と装備のバランスから「キネティック」「モメンタム」の人気が高い
・必須装備:カーナビ(できれば純正)
・その他:リアビューカメラ、パノラマ・ガラスルーフ、禁煙車、低走行、事故歴/修復歴/パネル交換/板金塗装なしであれば尚良し

2015年以降のV40クロスカントリーには、ボルボが得意とする安全技術についても、世界最高レベルと言って過言ではない「インテリセーフ」が全グレードに標準装備されていることも高い評価を得ています。アウトドアイメージが個性的なこのクルマのご売却を検討の際は、輸入車取扱いの知識と経験が豊富な弊社が適切な査定をさせていただきます。どうぞお気軽にご相談ください!

無料査定依頼フォーム
最短22秒無料査定!今スグお気軽に!

お急ぎの場合はお気軽に

0120-677-778

までお電話ください。

愛車について

メーカー名(通称)必須
車種名(グレード名)必須
年式必須
走行距離(km)必須

お客様について

お名前必須
希望連絡先(TEL)必須
e-mail必須
住所(郵便番号)
郵便番号から自動入力されます
住所(都道府県)必須
住所(詳細)
備考

ボルボ V40クロスカントリーを
一括査定やディーラー下取りに依頼する前に

V40クロスカントリーは、エクステリアの一部にグラファイトカラーを採用したことに加えて、ボディカラーとのコントラストを効かせた前後の専用バンパー&スキッドプレートや専用のクロームグリルフレームとハニカムメッシュ・グリルが採用された専用のフロントグリル、ルーフラインに合わせてデザインされた専用ルーフレールなどがタフなイメージを醸し出しており、アウトドアアクティビティーを楽しむようなライフスタイルを持つ人に向けたアクティブ上級仕様のクルマです。もちろんその走りについても、2013年発売当初からV40シリーズ中唯一の4WDを用意し、高い動力性能と良好なシートによる疲労軽減効果により、クルマで旅をしたり休暇に出掛けることが好きなユーザーにとって嬉しい仕上がりになっています。そうした点から、ある程度絞り込んだターゲットに上手く支持され、どの年式のモデルでも比較的良い査定結果となる傾向があるようです。現在はグレードの種類も増えており個体によってさまざまな装備差があるため、ディーラー下取りで買い叩かれてしまうよりも、細かな点をしっかりと評価できる知識と経験が豊富な輸入車専門店との取引であれば、より満足のいく査定結果を得られるでしょう。

通話料無料のフリーダイヤルからお問い合わせ

通話
無料

0120-677-778受付時間 9:00~18:00 (365日対応)

最短22秒無料査定!今スグお気軽に!査定依頼をする